メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  巨細胞性動脈炎をステロイドフリー寛解に

巨細胞性動脈炎をステロイドフリー寛解に

トシリズマブの効果を検討する第Ⅲ相試験GiACTA

 2017年08月07日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Massachusetts General HospitalのJohn H. Stone氏らは、巨細胞性動脈炎(GCA)に対する抗インターロイキン(IL)-6受容体抗体トシリズマブの効果を1年間の二重盲検ランダム化プラセボ対照第Ⅲ相試験GiACTAで検討。その結果、26週のステロイド漸減投与+トシリズマブ週1回または隔週投与は、26週または52週のステロイド漸減投与+プラセボ投与と比べてステロイド離脱下での寛解達成率が高かったとN Engl J Med2017; 377: 317-328)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  巨細胞性動脈炎をステロイドフリー寛解に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11509852 有効期限:11月末まで