メニューを開く 検索を開く ログイン

肝炎排除に向け対策の継続・加速を、WHO

7月28日は世界肝炎デー、注射の安全対策を推進

 2017年08月07日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 〔© WHO「 B型・C型肝炎ウイルス感染者推計数(2015年)」〕 m; 100万人

 7月28日は、世界保健機関(WHO)が2010年に制定した世界肝炎デー。今年(2017年)は"肝炎をなくそう"(Eliminate hepatitis)をテーマに掲げ、各国に対策の継続と加速を呼びかけた。また、治療アクセスを増やすため、WHOが事前認定したC型肝炎治療薬リストに新たなジェネリック薬を追加、B型・C型肝炎の主要な感染経路である注射の安全性確保による予防を推進している(関連記事「世界の肝炎ウイルス感染者数は3億人超」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  肝炎排除に向け対策の継続・加速を、WHO