メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  肝炎排除に向け対策の継続・加速を、WHO

肝炎排除に向け対策の継続・加速を、WHO

7月28日は世界肝炎デー、注射の安全対策を推進

 2017年08月07日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 〔© WHO「 B型・C型肝炎ウイルス感染者推計数(2015年)」〕 m; 100万人

 7月28日は、世界保健機関(WHO)が2010年に制定した世界肝炎デー。今年(2017年)は"肝炎をなくそう"(Eliminate hepatitis)をテーマに掲げ、各国に対策の継続と加速を呼びかけた。また、治療アクセスを増やすため、WHOが事前認定したC型肝炎治療薬リストに新たなジェネリック薬を追加、B型・C型肝炎の主要な感染経路である注射の安全性確保による予防を推進している(関連記事「世界の肝炎ウイルス感染者数は3億人超」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  肝炎排除に向け対策の継続・加速を、WHO

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06509943 有効期限:6月末まで