メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ミカン果皮+ヨーグルトで花粉症症状を緩和

アレルギー性結膜炎症状を有意に改善

 2017年08月09日 06:45
プッシュ通知を受取る

 アレルギー性結膜炎治療の主軸の1つであるステロイド点眼薬は、効果が期待できる一方、眼圧上昇を来す可能性がある。しかし、多くの患者は症状の軽快とともに来院しなくなるため、眼圧を追跡できないのが実情である。愛媛大学地域眼科学講座准教授の原祐子氏は、第51回日本眼炎症学会(フォーサム2017大阪、7月14~16日)において、ステロイド点眼薬を用いないアレルギー性結膜炎治療という観点から講演を行い、抗アレルギー点眼薬の初期治療とミカン果皮配合ヨーグルトの効果を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »   »  ミカン果皮+ヨーグルトで花粉症症状を緩和

error in template: found but mtif was expected