メニューを開く 検索を開く ログイン

進行がん患者は院内心停止後の生存率が低い

米国・2006~10年の院内心停止4万7,000例を解析

 2017年08月09日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国の2006~10年の院内心停止4万7,000例を対象とした後方視的研究の結果から、進行がん患者の院内心停止後の生存率は、非進行がん患者の約半分であることが示された。米・University of Rochester Medical CenterのJeffery Bruckel氏らが、J Oncol Pract (2017年8月1日オンライン版)に報告した。今回のデータについて、米国臨床腫瘍学会(ASCO)専門医のMerry Markham氏は「このようなデータを提示できれば、終末期医療についての患者・家族との難しい議論に判断材料が提供されるだろう」とコメントしている(関連記事「がん患者の治療中止、『適切な時期』はいつか」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  進行がん患者は院内心停止後の生存率が低い