メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

 2017年08月10日 06:30
プッシュ通知を受取る

 うつ病は近年、軽症化と多様化が進んでいるといわれる。不知火病院(福岡県)院長の徳永雄一郎氏は第14回日本うつ病学会(7月21~23日)で、発達に偏りのあるうつ病に関して従来タイプであるメランコリー型との比較の観点から解説、攻撃性の出やすさや言語での介入の困難性などの特徴を指摘した。その上で、患者の攻撃性に対峙する看護師の変化についても触れ、「患者、医療側の双方に変化が起きている」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08509963 有効期限:8月末まで