メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  慢性GVHDにイブルチニブ適応拡大を承認、FDA

慢性GVHDにイブルチニブ適応拡大を承認、FDA

ステロイド抵抗性患者に新たな治療選択肢

 2017年08月10日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米食品医薬品局(FDA)は8月2日、成人の造血幹細胞移植(HSCT)後の慢性移植片対宿主病(GVHD)で1種類以上の全身療法不成功例に対して、主に慢性リンパ性白血病治療に用いられるブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬のイブルチニブ(商品名イムブルビカ)の適応拡大を承認した。慢性GVHD治療薬としては初の承認で、ステロイド抵抗性患者に対する新たな治療選択肢となるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  慢性GVHDにイブルチニブ適応拡大を承認、FDA

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09510100 有効期限:9月末まで