メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性GVHDにイブルチニブ適応拡大を承認、FDA

ステロイド抵抗性患者に新たな治療選択肢

 2017年08月10日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米食品医薬品局(FDA)は8月2日、成人の造血幹細胞移植(HSCT)後の慢性移植片対宿主病(GVHD)で1種類以上の全身療法不成功例に対して、主に慢性リンパ性白血病治療に用いられるブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬のイブルチニブ(商品名イムブルビカ)の適応拡大を承認した。慢性GVHD治療薬としては初の承認で、ステロイド抵抗性患者に対する新たな治療選択肢となるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  慢性GVHDにイブルチニブ適応拡大を承認、FDA