メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

インフリキシマブの保険償還に要望書

免疫CP阻害薬による大腸炎への緊急措置として-肺癌学会

 2017年08月10日 06:55
プッシュ通知を受取る

 日本肺癌学会(理事長=近畿大学外科学講座呼吸器外科部門主任教授・光冨徹哉氏)と日本肺がん患者連絡会(代表=長谷川一男氏)は7月31日、厚生労働省保険局および日本医学会会長宛てに、「ニボルマブ(商品名:オプジーボ)およびペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ)投与時の大腸炎への緊急措置として使用したインフリキシマブの保険償還について」の要望書を提出した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  インフリキシマブの保険償還に要望書

error in template: found but mtif was expected