メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  女性の腎結石リスクに妊娠歴が強く関係

女性の腎結石リスクに妊娠歴が強く関係

【海外短報】

 2017年08月14日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 妊娠が女性の腎結石のリスクと関係することを示す研究結果が、米国のグループによりJ Urol2017; 198: 389-393)に発表された。

 妊娠中は結石形成性の尿の変化が起こる。同グループは、同国のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)のデータを用いて、妊娠と腎結石との関係を検討した。

 その結果、50歳以下の米国人女性における腎結石の有病率は6.4%と推定され、妊娠歴がある女性は妊娠歴がない女性に比べ有病率が有意に高かった(7.5%対3.2%、P=0.0004)。

 2回以上の妊娠歴を有する女性の単変量回帰分析では、腎結石の確率は2倍以上だった(オッズ比2.44)。妊娠歴と腎結石との関係は年齢や肥満、糖尿病歴・痛風歴、水分摂取、高食塩食などを補正した多変量ロジスティック回帰分析でも有意であった(同2.13)。腎結石の有病率は妊娠回数と正の相関関係を示した。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者への食事指導で何を強調?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  女性の腎結石リスクに妊娠歴が強く関係

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09509879 有効期限:9月末まで