メニューを開く 検索を開く ログイン

真菌感染症の早期発見のために10の質問

8月14~18日はCDC主催の真菌症啓発週間

 2017年08月16日 11:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © CDC Fungal Disease Awareness Week - Aug. 14-18, 2017

 8月14~18日は、米疾病対策センター(CDC)が主催する初めての真菌症啓発週間(Fungal Disease Awareness Week)。救命治療を提供するため、重症真菌症を早期発見することの重要性を訴えようと、医療従事者と患者に対し、抗生物質で感染症状が改善しないときに真菌症の可能性を考える"Think Fungus"を奨励している。CDCの公式サイトに種々の啓発ツールが用意されているが、ここでは「真菌感染症 - 健康を守るための10の質問」について紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  真菌感染症の早期発見のために10の質問

error in template: found but mtif was expected