メニューを開く 検索を開く ログイン

制吐療法に新たな推奨、ASCOガイドライン

オランザピン、NK1受容体アンタゴニストおよびデキサメタゾンの適正使用情報を追加

 2017年08月17日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は7月31日、がん治療関連の制吐療法・診療ガイドラインを改訂したと発表した。今回の改訂では、多元受容体作用抗精神病薬のオランザピン、NK1受容体拮抗薬およびデキサメタゾンの適正使用に関する新たなエビデンスに基づく情報が追加された(関連記事「3剤併用制吐療法にオランザピンの追加が有効」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  制吐療法に新たな推奨、ASCOガイドライン