メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

長期入院後に地域生活に移行した254例の追跡調査

 2017年08月17日 06:05

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 東京都三鷹市の福祉サービス利用者を対象にした追跡調査で、長期入院を経て退院し地域生活に移行した重度精神障害者では一般人口に比べて平均余命が20年以上短いことが明らかにされた。東京大学精神神経科特任講師の近藤伸介氏らが、BJPsych Open(2017;3:193-195 )に報告した。死因別では、心血管疾患と自殺による死亡率が一般人口に比べて有意に高いという(関連記事「精神科医も身体的モニタリングを」「抗精神病薬のメタボ関連因子への影響」「統合失調症にMetS、低体重、低栄養リスク」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510207 有効期限:10月末まで