メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »   »  2050年に世界で1億1,500万人が失明

2050年に世界で1億1,500万人が失明

Global Vision Database(GVD)

 2017年08月18日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・Anglia Ruskin UniversityのRupert RA. Bourne氏らは、Global Vision Database(GVD)に最新データを加え、世界における1990~2015年の失明および弱視の有病率に関するメタ解析を行った。さらに2020~50年の有病率を推算し、「現在の環境が継続すると仮定すると、2015年に約3,600万人であった失明者数は2050年には1億1,500万人、中等度/重度の弱視(MSVI)患者数は2億1,700万人から5億8,800万人へと増加するとみられ、新興国を中心に治療への介入を強化する必要がある」とLancet Glob Health(2017年8月2日オンライン版)で報告した(関連記事:「2050年までに世界人口の半数が近視に」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »   »  2050年に世界で1億1,500万人が失明

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10510031 有効期限:10月末まで