メニューを開く 検索を開く ログイン

中年期の血管リスクが認知症リスクを増大

米国人1万5,000例超を長期追跡・ARIC研究

 2017年08月18日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Johns Hopkins UniversityのRebecca F. Gottesman氏らは、米国人1万5,000例超を長期間追跡した大規模コホート研究Atherosclerosis Risk in Communities(ARIC)のデータを解析した結果、中年期の喫煙や糖尿病などの血管リスク因子が将来の認知症の発症リスク上昇に関連することが示されたとJAMA Neurol2017年8月7日オンライン版)に発表した(関連記事「中年期の糖尿病がその後20年の認知機能低下に関連」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  中年期の血管リスクが認知症リスクを増大