メニューを開く 検索を開く ログイン

家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

久山町研究

 2017年08月18日 06:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 これまでの研究で、外来血圧の変動が認知障害および認知症のリスク因子になることが報告されているが、家庭血圧での検討はなされていない。久山町研究(主任研究者=九州大学大学院衛生・公衆衛生学分野教授・二宮利治氏)では家庭血圧の日々の変動と認知症およびそのサブタイプの発症との関係を検討。その結果、日々の家庭血圧の変動がアルツハイマー病を含むあらゆる認知症の発症リスクと関係することを、同大学大学院病態機能内科学の大石絵美氏らがCirculation2017; 136: 516-525)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに