メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

久山町研究

 2017年08月18日 06:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 これまでの研究で、外来血圧の変動が認知障害および認知症のリスク因子になることが報告されているが、家庭血圧での検討はなされていない。久山町研究(主任研究者=九州大学大学院衛生・公衆衛生学分野教授・二宮利治氏)では家庭血圧の日々の変動と認知症およびそのサブタイプの発症との関係を検討。その結果、日々の家庭血圧の変動がアルツハイマー病を含むあらゆる認知症の発症リスクと関係することを、同大学大学院病態機能内科学の大石絵美氏らがCirculation2017; 136: 516-525)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04510104 有効期限:4月末まで