メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  大麻使用で高血圧に起因する死亡が3倍超

大麻使用で高血圧に起因する死亡が3倍超

 2017年08月18日 15:53
プッシュ通知を受取る

 米Georgia State UniversityのBarbara A. Yankey氏らが、マリフアナの使用で高血圧に起因する死亡リスクが3.4倍に上昇するとの研究結果をEur J Prev Cardiol(2017年8月9日オンライン版)に発表した。近年、米国ではマリフアナ合法化の流れが進んでいるが、マリフアナの使用と心血管死との関連についての研究は不足している。そこで同氏らは、喫煙と同様にマリフアナの使用が心血管死亡率の増加に関連するとの仮説を立て、検証を行った。


続きを読む(読了時間:約 1.5 分) 

マリフアナ規制が心血管死の減少に貢献か

 Yankey氏らは、2005年に米国民保健栄養調査(NHANES)が20歳以上の米国人に実施したマリフアナ使用経験の有無についての面接結果と、米疾病対策センター(CDC)の国立保健統計センター(NCHS)で公開されている2011年以降の死亡率のデータから死亡率の追跡データがある者を抽出し、Cox比例ハザード回帰分析を用いてマリフアナの使用による高血圧、心疾患、脳血管の推定死亡率を算出した。

 対象1,213例(男性45.3%、登録時平均37.7歳、BMI 29.0)のうち、マリフアナ非使用の非喫煙者が34.3%、マリフアナのみ使用が20.9%、マリフアナ使用かつ喫煙者が20.0%、過去に喫煙歴があるマリフアナ使用者が15.6%、過去に喫煙歴があるマリフアナ非使用者が4.8%、現在は喫煙のみが4.4%だった。計1万9,569人・年の追跡で27.5%が死亡した。マリフアナ非使用者に対する、マリフアナ使用者における高血圧に起因する死亡率の補正ハザード比は3.42(95%CI 1.20~9.79、P<0.05)で、現在喫煙者の1.06(同0.40~2.77)を大きく上回った。

 これらの結果を踏まえ、同氏らは「マリフアナの使用、特に長期の使用が高血圧に起因する死亡リスクを高める可能性がある」と結論。またマリフアナの使用に関連する心血管リスクは、既に喫煙によるリスクを上回っているとし、「娯楽でのマリフアナ使用をやめさせることで、心血管疾患に関連する死亡率を劇的に減少させることができるのではないか」との見解を示している。

(平山茂樹)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  大麻使用で高血圧に起因する死亡が3倍超

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12510211 有効期限:12月末まで