メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病がCABG後のグラフト開存に影響か?

糖尿病がCABG後のグラフト開存に影響か?

【海外短報】

 2017年08月19日 07:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 糖尿病患者と非糖尿病患者で冠動脈バイパス術(CABG)後の長期グラフト開存率に差は認められないと、米・Cleveland ClinicのグループがJ Am Coll Cardiol2017; 70: 515-524)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 CABGを受ける患者の50%近くは糖尿病を有するが、CABG後の長期グラフト開存に対する糖尿病の影響は明らかでない。同グループは、糖尿病患者では重度の冠動脈狭窄が多く見られるため、グラフト開存率は非糖尿病患者より不良であるとの仮説を立てて検証した。

 1972~2011年に自施設で初回単独CABGを施行した5万7,961例のうち、薬物療法を受けていた糖尿病患者1,372例と非糖尿病患者1万147例を解析対象とした。CABG後、冠動脈造影が計1万5,887回行われ、内胸動脈(ITA)グラフト7,903本と伏在静脈グラフト2万66本で狭窄が確認された。

 ITAグラフトの開存率は安定しており、糖尿病群と非糖尿病群で同程度だった。ITAグラフトの1年、5年、10年、20年開存率は糖尿病群がそれぞれ97%、97%、96%、96%、非糖尿病群が96%、96%、95%、93%であった。伏在静脈グラフトの対応する開存率は、糖尿病群がそれぞれ78%、70%、57%、42%、非糖尿病群が82%、72%、58%、41%だった。

 患者特性を補正後、糖尿病はITAグラフトの早期(1年および5年)開存率良好(オッズ比0.63、95%CI 0.43~0.91、P=0.013)と関係していた。伏在静脈グラフトの開存率は、両群とも全期間を通じて同程度であった。

(編集部)

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  2. 2

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  3. 3

    デュラグルチドはCKD合併糖尿病例にも有用

  4. 4

    ドラッグフリーの高血圧治療

  5. 5

    オプジーボは単独、併用ともに生存を延長

  6. 6

    世界初の成人スチル病診療GL作成

  7. 7

    わが国の糖尿病の実像が明るみに

  8. 8

    Hydoro-Release上級技を教えます

  9. 9

    「ポケモンGO」でメンタルヘルスが改善

  10. 10

    SGLT2阻害薬+インスリン併用の長期治療を検討

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    第一選択薬はメトホルミンか、GLP-1薬か

  2. 2

    マクロライドの光と影

  3. 3

    「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

  4. 4

    宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

  5. 5

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  6. 6

    【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

  7. 7

    カフェイン摂取でアナフィラキシー

  8. 8

    <第17回>ADLなどに関係なく問題となる「高齢者の便秘」

  9. 9

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  10. 10

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病がCABG後のグラフト開存に影響か?

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P09510111有効期限:9月末まで