メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  切除不能大腸がんの一次治療に新たな選択肢

切除不能大腸がんの一次治療に新たな選択肢

S-1+CPT-11+ベバシズマブ療法の非劣性を証明-TRICOLORE試験

 2017年08月19日 07:03
プッシュ通知を受取る

 切除不能進行再発大腸がん(mCRC)に対する一次治療において、S-1+イリノテカン(CPT-11)+ベバシズマブ(Bmab)療法のmFOLFOX6※1/CapeOX※2+Bmab療法に対する非劣性が第Ⅲ相ランダム化比較試験TRICOLOREで証明されたことを、大崎市民病院(宮城県)副院長(腫瘍内科)の蒲生真紀夫氏が第15回日本臨床腫瘍学会(7月27~29日)で報告した。同演題は、同学会のプレナリーセッションで発表される3つの最優秀演題の1つに選ばれた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  切除不能大腸がんの一次治療に新たな選択肢

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09510258 有効期限:9月末まで