メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  術前の"薬識"欠如が高齢患者の予後に影響

術前の"薬識"欠如が高齢患者の予後に影響

TEVAR後の弓部大動脈瘤患者

 2017年08月22日 06:10
プッシュ通知を受取る

 胸部ステントグラフト内挿術(TEVAR)の普及に伴い、弓部大動脈瘤に対しても低侵襲な治療が可能となった。一方、社会の高齢化により身体・精神的脆弱性を有する症例も増加している。九州大学消化器・総合外科(血管外科)の井上健太郎氏は「弓部大動脈瘤の高齢患者では、周術期の薬識の欠如が術後予後に関連していた。自宅退院率が低く生命予後も不良であった」と第117回日本外科学会(4月27〜29日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  術前の"薬識"欠如が高齢患者の予後に影響

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07510204 有効期限:7月末まで