メニューを開く 検索を開く ログイン

術前の"薬識"欠如が高齢患者の予後に影響

TEVAR後の弓部大動脈瘤患者

 2017年08月22日 06:10
プッシュ通知を受取る

 胸部ステントグラフト内挿術(TEVAR)の普及に伴い、弓部大動脈瘤に対しても低侵襲な治療が可能となった。一方、社会の高齢化により身体・精神的脆弱性を有する症例も増加している。九州大学消化器・総合外科(血管外科)の井上健太郎氏は「弓部大動脈瘤の高齢患者では、周術期の薬識の欠如が術後予後に関連していた。自宅退院率が低く生命予後も不良であった」と第117回日本外科学会(4月27〜29日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  術前の"薬識"欠如が高齢患者の予後に影響