メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

エキセナチドのランダム化比較試験

 2017年08月22日 14:32
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 糖尿病の治療に使用されるGLP-1受容体作動薬エキセナチドは、パーキンソン病(PD)の動物モデルにおいて運動能力などの改善につながる神経保護作用を発揮することが知られている。英・University College LondonのDilan Athauda氏らは、ヒトを対象にした単施設二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験で通常治療に併用したエキセナチドの効果を検討。その結果、同薬が抗PD薬非投与下(off-medication状態)の患者の運動スコアを改善することが示されたとLancet2017年8月3日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08510292 有効期限:8月末まで