メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

エキセナチドのランダム化比較試験

 2017年08月22日 14:32
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 糖尿病の治療に使用されるGLP-1受容体作動薬エキセナチドは、パーキンソン病(PD)の動物モデルにおいて運動能力などの改善につながる神経保護作用を発揮することが知られている。英・University College LondonのDilan Athauda氏らは、ヒトを対象にした単施設二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験で通常治療に併用したエキセナチドの効果を検討。その結果、同薬が抗PD薬非投与下(off-medication状態)の患者の運動スコアを改善することが示されたとLancet2017年8月3日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

error in template: found but mtif was expected