メニューを開く 検索を開く ログイン

製造販売後調査で1品目4,200万円

医療DBシステム・MID-NET運用のルールと利用料金決定

 2017年08月22日 15:30
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省は昨日(8月21日)、同省と医薬品医療機器総合機構(PMDA)で進めている、医薬品の安全対策などに活用するための400万人規模の医療情報(電子カルテ、検査値データ、レセプトなど)を解析するデータベースシステム「MID-NET(Medical Information Database Network)」の運用時のルールや利用料金が決まったと発表した。製造販売後調査の場合、1品目につき約4,200万円となる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一都三県の緊急事態宣言は7日に解除すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  医療制度 »  製造販売後調査で1品目4,200万円