メニューを開く 検索を開く ログイン

陰毛処理に関連する傷害が4人に1人で発生

米全国調査

 2017年08月23日 06:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国では陰毛処理中または処理後の傷害が、2002年以降の9年間で約5倍に増加したと推定されている。米・University of California, San FranciscoのMatthew D. Truesdale氏らは、陰毛処理に関連する傷害の高リスク者の特徴を明らかにするため、米国の男女を代表するサンプル1万4,409例を対象に、陰毛処理に関連する傷害についてウェブ調査を行った。その結果、4例に1例が傷害を経験しており、処理の頻度および複数回の陰毛全体の除毛が独立した高リスク因子であることを、JAMA Dermatology2017年8月16日オンライン版)に発表した(関連記事「米国では女性の6割超が陰毛全体を除毛」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  陰毛処理に関連する傷害が4人に1人で発生