メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  切除不能肝細胞がんに対するレンバチニブ

切除不能肝細胞がんに対するレンバチニブ

ソラフェニブに対する非劣性を検証-日本人集団サブグループ解析

 2017年08月23日 06:55
プッシュ通知を受取る

 現在、切除不能肝細胞がんに対する一次治療において生存期間(OS)の延長を示した薬剤はマルチキナーゼ阻害薬ソラフェニブのみである。今年(2017)年6月の米国臨床腫瘍学会(ASCO 2017)では、切除不能肝細胞がんに対するレンバチニブの有効性および安全性をソラフェニブと比較検討した国際第Ⅲ相試験REFLECTの結果から、OSにおけるレンバチニブのソラフェニブに対する非劣性が示された。第15回日本臨床腫瘍学会(7月27~29日)では、国立がん研究センター東病院肝胆膵内科長の池田公史氏が同試験の日本人サブグループ解析の結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  切除不能肝細胞がんに対するレンバチニブ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09510298 有効期限:9月末まで