メニューを開く 検索 ログイン

FDA、卵巣がんの維持療法にolaparibを承認

BRCA遺伝子変異の有無は問わず

 2017年08月23日 17:19
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は8月17日、経口ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害薬olaparibについて、再発上皮性卵巣がん、卵管がん、または原発性腹膜がんの成人患者で、プラチナ製剤ベースの化学療法により完全奏効あるいは部分奏効を認めている患者に対する維持療法としての適応を拡大承認...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  FDA、卵巣がんの維持療法にolaparibを承認