メニューを開く 検索を開く ログイン

FDA、卵巣がんの維持療法にolaparibを承認

BRCA遺伝子変異の有無は問わず

 2017年08月23日 17:19
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は8月17日、経口ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害薬olaparibについて、再発上皮性卵巣がん、卵管がん、または原発性腹膜がんの成人患者で、プラチナ製剤ベースの化学療法により完全奏効あるいは部分奏効を認めている患者に対する維持療法としての適応を拡大承認した。今回の承認では、「BRCA遺伝子変異の有無は問わない」としている。またFDAは同拡大承認に伴い、従来承認されていたカプセル剤(1日8カプセルを2回投与)ではなく、錠剤(1日2錠を2回投与)を新たに承認した(関連記事:「PARP阻害薬olaparibが生存期間を有意に延長」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  FDA、卵巣がんの維持療法にolaparibを承認

error in template: found but mtif was expected