メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  米国で抗うつ薬使用が増加、CDC

米国で抗うつ薬使用が増加、CDC

女性の服用率は男性の約2倍

 2017年08月24日 06:40
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米疾病対策センター(CDC)は8月、国立健康統計センター(National Center for Health Statistics;NCHS)の統計結果から、1999年以降、米国人の抗うつ薬使用率が上昇しており、直近の2011~14年における過去1カ月の服用率(12歳以上)は12.7%に上ったと発表した。男女別では男性が8.6%、女性が16.5%と、全年齢層で女性は男性の2倍に上っている。(関連記事「がんサバイバーは抗不安薬使用多い」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPS細胞関連研究の進展。思うことは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  米国で抗うつ薬使用が増加、CDC

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11510291 有効期限:11月末まで