メニューを開く 検索 ログイン

シェーグレン症候群GLの要点示す

エビデンスレベルが高い項目を中心に

2017年08月24日 07:00

1名の医師が参考になったと回答 

 涙腺や唾液腺などに障害が生じ、ドライアイや口腔乾燥をはじめとする症状が見られる自己免疫疾患であるシェーグレン症候群(SS)の診療ガイドライン(GL)が初めて作成された。同GLの作成委員会委員長で筑波大学内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授の住田孝之氏は、同GLの要点としてSSの①診断②予後、腺外病変、合併症③治療ーなどに関するクリニカルクエスチョン(CQ)とそこで示された推奨やエビデンスの強さについて第61回日本リウマチ学会(4月20~22日)で解説した。同氏は「厚生労働省から難病として指定されたSSの診療におけるスタンダードを示すことができた」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  リウマチ・膠原病 »  シェーグレン症候群GLの要点示す

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで