メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

Muse細胞による遺伝子治療でグリオーマに曙光

 2017年08月24日 14:37
プッシュ通知を受取る

 全脳腫瘍例の4分の1を占める神経膠腫(グリオーマ)は、腫瘍が脳内で浸潤性に発育するため、脳機能の温存を考慮すると治癒的手術が困難となる。残存腫瘍に対しては放射線療法や抗がん薬が用いられるが、完治には至らない。最も予後が悪い膠芽腫(グリオブラストーマ)では生存期間は1.5年程度である。このたび、浜松医科大学脳神経外科教授の難波宏樹氏らは、東北大学との共同研究でMuse(multiliniage-differentiating stress enduring)細胞を遺伝子のベクターとして用いる動物実験を行い、グリオーマに対するHSVtk/GCV遺伝子治療の腫瘍縮小効果と予後改善効果が示されたと、Mol Ther Oncolytics(2017; 6: 45-56)に発表した。グリオーマ治療にブレークスルーは見いだされたか、難波氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  Muse細胞による遺伝子治療でグリオーマに曙光