メニューを開く 検索を開く ログイン

Ⅳ期非小細胞肺がん診療GLを改訂、ASCO

免疫療法の位置付け示す

 2017年08月25日 06:45
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は8月14日、Ⅳ期非小細胞肺がん(NSCLC)の全身療法に関する診療ガイドライン(GL)を改訂したと発表した。今回の改訂では、免疫療法の位置付けを明らかにした他、EGFR、ALKおよびROS1遺伝子変異陽性例に対する分子標的治療薬の使用に関する新たな推奨も示された(関連記事「キイトルーダ 肺がん3剤併用でも米承認」「抗PD-1抗体、肺がん一次治療で奏効」関連記事:【解説】がん免疫療法が一次治療へ)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  Ⅳ期非小細胞肺がん診療GLを改訂、ASCO

error in template: found but mtif was expected