メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  ジェネリック薬価に競合レベルが影響

ジェネリック薬価に競合レベルが影響

【海外短報】

 2017年08月25日 12:05

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国におけるジェネリック薬(後発医薬品)の価格上昇には市場の競合レベルが影響していると、米・University of FloridaなどのグループがAnn Intern Med2017; 167: 145-151)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 米国では近年、一部のジェネリック薬の価格が上昇し、同薬を服用している患者に悪影響を及ぼしている。同グループは、ジェネリック薬市場の競合レベルと価格の変動との関係を検討した。

 2008~13年の営利健康保険から処方に係る保険請求データを抽出し、5.5年間のデータを6カ月ごとに11の期間に分けた。また、個別の製薬メーカーの市場占有率を二乗して算出するHerfindahl-Hirsch­man Index(HHI)を用いて市場の競合レベルを評価した(HHIが低いほど競合状態が強いことを示す)。

 計10億8,000万件の保険請求から、ジェネリック薬1,120品目を特定した。医薬品不足、市場規模、剤形を補正後、2008年上半期の時点で4社競合市場(HHI 2,500)と2社競合市場(同5,000)だったジェネリック薬の価格は、5.5年間でそれぞれ31.7%、11.8%低下した。一方、寡占市場(同8,000)と完全独占市場(同10,000)での価格は、この期間にそれぞれ20.1%、47.4%上昇していた。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  ジェネリック薬価に競合レベルが影響

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510334 有効期限:10月末まで