メニューを開く 検索を開く ログイン

【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

半数が胆道がんを発症

 2017年08月28日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 膵・胆管合流異常と先天性胆道拡張症の病態、診断、治療、予後、将来の展望などを東京都立駒込病院副院長の神澤輝実氏、愛知県心身障害者コロニー総長の安藤久實氏、愛知医科大学消化器外科特任教授の金子健一朗氏、東京医科大学消化器内科主任教授の糸井隆夫氏らがまとめ、Lancet Gastroenterol Hepatol2017; 2: 610-618)で発表した。膵・胆管合流異常は膵管と胆管における合流形態の先天的な形成異常で日本人に多く、膵液が胆道に逆流するため、その約半数が胆道がんを発症する。しかし早期診断できれば、発がん前に予防的に手術が行われる。筆者の一人である神澤氏に要点を解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常