メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  PM2.5でストレスホルモン、血圧が上昇

PM2.5でストレスホルモン、血圧が上昇

ランダム化二重盲検クロスオーバー試験による検討

 2017年08月28日 06:30
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 微小粒子状物質PM2.5への曝露は心血管および代謝に悪影響を及ぼすと報告されているが、その機序は明らかにされていない。中国・復旦大学のHuichu Li氏らは健康な大学生を対象にPM2.5曝露量の変化とそれが人体に及ぼす影響を検討した結果、「PM2.5への曝露に伴い血清ストレスホルモン濃度が上昇し、視床下部−下垂体−副腎(HPA)系などの活性化を介した血圧上昇・代謝の変化が心血管リスク上昇の一因と考えられる」とCirculation2017; 136: 618-627)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  PM2.5でストレスホルモン、血圧が上昇

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06510340 有効期限:6月末まで