メニューを開く 検索を開く ログイン

希少疾患研究の統合で持続可能型へ

East Asia Symposium Rare Adrenal Diseases

 2017年08月28日 06:40
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 国立病院機構京都医療センター臨床研究センター特別研究員の成瀬光栄氏は、日本とアジアの難治性副腎研究者らが将来につながる疾患対策を協力して推進することを目的に、East Asia Symposium Rare Adrenal Diseases※1を開催。自身が研究代表者を務める「重症型原発性アルドステロン症の診療の質向上に資するエビデンス構築(JPAS)」※2の取り組みを紹介した。同氏は「JPASを含めた国内外の副腎疾患に関する研究を統合することで疾患の診療の実態が把握でき、持続可能なグローバルでの研究開発が可能になる」との見解を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  希少疾患研究の統合で持続可能型へ

error in template: found but mtif was expected