メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  小児 »  新生児の聴覚検査システムを強化、米CDC

新生児の聴覚検査システムを強化、米CDC

新生児難聴の早期診断・介入率が改善

 2017年08月28日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 先天性難聴の頻度は1,000人に1人とされるが、日本では2016年度に新生児の15%が聴覚検査を受けなかったことが日本産婦人科医会の調査で明らかにされた。こうした中、米疾病対策センター(CDC)が8月25日に発表したMorbidity and Mortality Weekly Reportによると、CDCは2005年以降、全米各州のEarly hearing detection and intervention (EHDI) プログラムを支援することで、新生児聴覚スクリーニングのシステムを強化しており、新生児難聴の早期発見・介入率が改善しているという(関連記事「米の難聴者数、40年後までに倍増」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  小児 »  新生児の聴覚検査システムを強化、米CDC

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12510429 有効期限:12月末まで