メニューを開く 検索を開く ログイン

新生児の聴覚検査システムを強化、米CDC

新生児難聴の早期診断・介入率が改善

 2017年08月28日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 先天性難聴の頻度は1,000人に1人とされるが、日本では2016年度に新生児の15%が聴覚検査を受けなかったことが日本産婦人科医会の調査で明らかにされた。こうした中、米疾病対策センター(CDC)が8月25日に発表したMorbidity and Mortality Weekly Reportによると、CDCは2005年以降、全米各州のEarly hearing detection and intervention (EHDI) プログラムを支援することで、新生児聴覚スクリーニングのシステムを強化しており、新生児難聴の早期発見・介入率が改善しているという(関連記事「米の難聴者数、40年後までに倍増」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  小児 »  新生児の聴覚検査システムを強化、米CDC

error in template: found but mtif was expected