メニューを開く 検索を開く ログイン
欧州心臓病学会2017

「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

抗IL-1β抗体薬カナキヌマブのCANTOS試験

 2017年08月29日 17:32
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 抗炎症作用のみを有し脂質低下作用を有さないヒト型インターロイキン(IL)-1β抗体薬カナキヌマブによる心血管疾患リスク低減を検討する第Ⅲ相試験CANTOSの結果、「同薬による心血管イベント抑制効果が証明され、新しい動脈硬化性疾患予防への可能性が示された」と米・Harvard UniversityのPaul M. Ridker氏が欧州心臓病学会(ESC 2017、8月26〜30日)で発表した。なお、同試験の主要結果はN Engl J Med2017年8月27日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

error in template: found but mtif was expected