メニューを開く 検索を開く ログイン
欧州心臓病学会2017

冬日は要注意、気温低下が心筋梗塞の引き金に

スウェーデンの心筋梗塞全国登録コホート研究

 2017年08月30日 11:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 スウェーデン・Lund UniversityのMoman Mohammad氏らは、スウェーデンの心筋梗塞患者28万例以上を対象とした16年間の観察研究で、気温が心筋梗塞の外部トリガーであることが示唆されたと、欧州心臓病学会(ESC 2017、8月28~31日)で報告した。ST上昇型心筋梗塞(STEMI)と非STEMI、高齢者や糖尿病患者などのサブ解析、全国および地域別の解析でも、1日の最低気温が0℃未満で一貫して心筋梗塞が増えることが示されたという(関連記事「研究者も驚き,循環器疾患死は地域の気候に関係なく冬に増加」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  冬日は要注意、気温低下が心筋梗塞の引き金に