メニューを開く 検索を開く ログイン
欧州心臓病学会2017

新機序LDL-C低下薬、1年後も安全性確認

PCSK9合成阻害薬inclisiranの第Ⅱ相試験ORION-1

 2017年08月30日 18:35
プッシュ通知を受取る

 新機序でLDLコレステロール(LDL-C)を低下させるPCSK9合成阻害薬inclisiranの第Ⅱ相試験ORION-1の1年追跡データを、英・Imperial College LondonのKausik K. Ray氏が欧州心臓病学会(ESC 2017、8月26~30日)で発表。「危惧すべき安全面での新しい問題は見られず、第Ⅲ相アウトカム試験への準備が進行中だ」と述べた。同試験の主要評価結果(6カ月時点)は今年(2017年)4月にN Engl J Med 2017; 376: 1430-1440)に報告されている。(関連記事「新機序薬、年2~3回投与でLDL-C 50%減」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  新機序LDL-C低下薬、1年後も安全性確認