メニューを開く 検索を開く ログイン

CIN3診断歴でHPV関連がんリスク長期上昇

【海外短報】

 2017年08月31日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 グレード3の子宮頸部上皮内腫瘍(CIN3)と診断された女性は、長期にヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんを発症するリスクが高いと、オランダのグループがJ Clin Oncol2017; 35: 2542-2550)に発表した。

 同グループは、オランダの病理レジストリから1990~2010年にCIN3と診断された女性8万9,018例を特定し、背景因子がマッチする非CIN3の対照女性8万9,018例を選択した。その後、1990~2015年に高リスクのHPV関連がんおよび前がん病変と診断された全症例を抽出し、発症率比(IRR)を算出した。

 解析の結果、CIN3の診断歴を有する女性はHPV関連がんと前がん病変のリスクが高く、IRRは肛門がんが3.85、グレード3の肛門上皮内腫瘍が6.68、外陰がんが4.97、グレード3の外陰上皮内腫瘍が13.66、腟がんが86.08、グレード3の腟上皮内腫瘍が25.65、中咽頭がんが5.51だった。このリスク上昇は20年後までの長期追跡でも認められた。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  CIN3診断歴でHPV関連がんリスク長期上昇