メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  オープンダイアローグ創始者が公開「対話」

オープンダイアローグ創始者が公開「対話」

 2017年08月31日 06:05
プッシュ通知を受取る

 薬物治療にほとんど依存せず、在宅でのミーティングを通して統合失調症を治療する−。そんな画期的な精神療法が、国内外で大きな注目を集めている。フィンランド・西ラップランド地方のケロプダス病院で1980年代から開発と実践が続けられてきた「オープンダイアローグ(Open Dialogue)」だ。オープンダイアローグの創始者であるユヴァスキュラ大学教授のJaakko Seikkula氏と元・西ラップランド地方医療区精神科医長のBirgitta Alakare氏が来日、8月20日、東京大学安田講堂で講演を行った(主催=オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパン)。会場は詰めかけた900人を超える聴衆でほぼ満席となり、オープンダイアローグに対する関心の高さをうかがわせた(関連記事「オープンダイアローグ、創始者が来日講演へ」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  オープンダイアローグ創始者が公開「対話」

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02510506 有効期限:2月末まで