メニューを開く 検索を開く ログイン

日本人患者でもキイトルーダの有効性を確認

KEYNOTE-024試験のサブグループ解析

 2017年09月01日 06:10
プッシュ通知を受取る

 昨年(2016年)12月、PD-L1強陽性〔Tumor Proportion Score(TPS)が50%以上〕の進行非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療において、免疫チェックポイント阻害薬の抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)の適応拡大が承認された(関連記事:「キイトルーダ 肺がん一次治療で承認」)。同承認の基となった国際共同第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験(KEYNOTE-024)における日本人サブグループ解析の結果について、兵庫県がんセンター呼吸器内科部長で化学療法担当部長の里内美弥子氏が第15回日本臨床腫瘍学会(7月27~29日)のプレナリーセッションで報告。全体集団の解析と同様に、日本人集団においてもペムブロリズマブの有効性と安全性が示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  日本人患者でもキイトルーダの有効性を確認

error in template: found but mtif was expected