メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  高齢者 »  在宅診療と急性期病院による「1つの病院連携」

在宅診療と急性期病院による「1つの病院連携」

 2017年09月01日 06:15

 在宅医療を受ける高齢者が増加している中で、救急医療と在宅医療との連携の強化が求められている。今年(2017年)5月、救急医と在宅医が同じテーブルで協議する研究会としては日本初の「日本在宅救急研究会」が発足した。第1回日本在宅救急研究会(7月22日)では、同研究会発起人の1人である小豆畑病院(茨城県)院長で日本大学救急集中治療医学分野診療准教授の小豆畑丈夫氏が、茨城県における在宅療養支援病院と在宅診療グループによる「1つの病院連携」について報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  高齢者 »  在宅診療と急性期病院による「1つの病院連携」

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510499 有効期限:10月末まで