メニューを開く 検索 ログイン

日本初の「類上皮血管内皮腫」の実態調査

日本人患者42例の特徴が明らかに

2017年09月01日 06:20

11名の医師が参考になったと回答 

 類上皮血管内皮腫(Epithelioid hemangioendothelioma;EHE)は非常にまれな腫瘍の1つであり、血管内皮細胞から発生する肉腫の1つであるが、わが国での実態は明らかではない。国立がん研究センター中央病院肝胆膵内科の柴知史氏は、わが国初のEHEに関する日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)肝胆膵関連研究ワーキンググループ(WG)による実態調査の結果を第15回日本臨床腫瘍学会(7月27~29日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  日本初の「類上皮血管内皮腫」の実態調査

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD510537 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外