メニューを開く 検索を開く ログイン
欧州心臓病学会2017

血圧Jカーブの機序は説明できず

CAD合併高血圧3万例超のCLARIFY Registry

 2017年09月01日 06:00
プッシュ通知を受取る

 45カ国で安定冠動脈疾患(CAD)を合併する高血圧患者3万2,703例を登録したCLARIFY Registry研究では、拡張期血圧(DBP)70~79mmHgを底辺として、それより高値でも低値でも心血管イベントのリスクが上昇するというJカーブの関係が示されていた。フランス・Université Paris DiderotのEmmanuelle Vidal-Petiot氏は、動脈硬化症例ではDBPが低下して脈圧(PP)が上昇することから、DBP低値での心血管リスク上昇はPP上昇が原因(動脈スティフネスがJカーブに関与する)との仮説をCLARIFY Registryのデータで検証。しかし、PP上昇は心血管リスク上昇と独立した関連が認められるものの、DBP低値におけるリスク上昇の主な決定要因ではないことが示されたと欧州心臓病学会(ESC 2017、8月26~30日、バルセロナ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  血圧Jカーブの機序は説明できず

error in template: found but mtif was expected