メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬が2型糖尿病の安静心拍数を減少

SGLT2阻害薬が2型糖尿病の安静心拍数を減少

慶應義塾大学循環器内科准教授 佐野元昭

 2017年09月04日 06:00

〔編集部から〕SGLT2阻害薬の投与により2型糖尿病患者の安静時心拍数が低下するという研究結果を慶應義塾大学循環器内科准教授の佐野元昭氏らがまとめた(J Diabetes Investig 2017; in press)。安静時心拍数が高いことは死亡・心血管疾患リスクとなることから注目される研究結果だ。同氏に研究の詳細を解説してもらった。

 2型糖尿病患者において、安静時心拍数が高いほど、死亡や心血管疾患の発症リスクが上昇することが知られている。新規血糖降下薬として承認されたSGLT2阻害薬は心拍数に影響を与えないとされてきた。しかし、治療前の安静時心拍数ごとにSGLT2阻害薬の心拍数に及ぼす影響が層別解析されたことはなかった。

 食事療法と運動療法だけで管理されていた日本人の2型糖尿病患者(HbA1c 6.9~10.5%)を対象にして行われたルセオグリフロジンの第Ⅱ相、第Ⅲ相のプラセボ対照、ランダム化二重盲検群間比較試験の結果をプール解析して、治療前と治療12週後の心拍数の変化を検討した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬が2型糖尿病の安静心拍数を減少

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510266 有効期限:10月末まで