メニューを開く 検索 ログイン

青壮年、高齢者でも人工股関節を考慮

変形性股関節症の診療ガイドライン改訂

2017年09月04日 06:20

 2008年に発行された変形性股関節症(股OA)診療ガイドライン(GL)が昨年(2016年)改訂された(関連記事:大腿骨寛骨臼インピンジメント 狭義の診断指針股関節OAの一因"FAI"の実態を検討)。大阪急性期・総合医療センター整形外科主任部長の西井孝氏は、改訂GLの人工股関節全置換術(THA)の章について第90回日本整形外科学会(5月18〜21日)で解説した。改訂GLでは、青壮年期や高齢者のTHAに関するクリニカルクエスチョン(CQ)などが新設されたという。(関連記事:患者の状態から見た関節温存術

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  青壮年、高齢者でも人工股関節を考慮

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD510369 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外