メニューを開く 検索を開く ログイン
欧州心臓病学会2017

DOACとアスピリンの併用でMACE低減

リバーロキサバンの第Ⅲ相試験COMPASS

 2017年09月05日 06:40
プッシュ通知を受取る

 カナダ・McMaster UniversityのJohn W. Eikelboom氏らは、冠動脈疾患(CAD)および末梢動脈疾患(PAD)患者を対象に直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)リバーロキサバンの心血管イベント再発予防効果を検証した第Ⅲ相試験COMPASSの最終解析結果を欧州心臓病学会(ESC 2017、8月26~30日、バルセロナ)で報告した。リバーロキサバンとアスピリンの併用により主要心血管イベント発症率と死亡率が低下し、ネットクリニカルベネフィットが認められたが、リバーロキサバン単独では有意なベネフィットは認められなかった。詳細はN Engl J Med2017年8月27日オンライン)に同時掲載された。(関連記事「CAD患者対象のDOAC試験、早期中止に」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  DOACとアスピリンの併用でMACE低減

error in template: found but mtif was expected