メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

緩和ケア導入で終末期の入院・化療が減少

米・メディケア受給者コホート研究

 2017年09月06日 06:45
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 米国のメディケア受給者で高齢進行がん患者6,580例を対象としたマッチングコホート研究の結果、緩和ケアを導入した患者では、終末期に入院や化学療法などの積極的治療を受ける頻度が有意に減ることが示された。米・University of California, San diego Moores Cancer CenterのDaniel P. Triplett氏、James D. Murphy氏らが、J Oncol Pract(2017年8月22日オンライン版)に報告した(関連記事「がん患者の治療中止、『適切な時期』はいつか」「緩和ケアは患者に寄り添う医療そのもの」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  緩和ケア導入で終末期の入院・化療が減少

error in template: found but mtif was expected