メニューを開く 検索を開く ログイン
欧州心臓病学会2017

PCI施行AF患者の出血リスク低減

ダビガトラン+抗血小板薬の2剤併用で

 2017年09月07日 07:00
プッシュ通知を受取る

 ステント留置を伴う経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行した非弁膜症性心房細動(NVAF)患者における2剤併用抗血栓療法(ダビガトラン+抗血小板薬)と3剤併用抗血栓療法〔ワルファリン+抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)〕による安全性および有効性を比較した初の試験であるRE-DUAL PCI試験。欧州心臓病学会(ESC 2017、8月26~30日、バルセロナ)で、同試験を主導した米・Brigham and Women's Hospitalの心臓専門医で Harvard Medical School教授のChristopher P. Cannon氏が結果を発表した。同氏によると、3剤併用抗血栓療法に比べ、2剤併用抗血栓療法で出血リスクが有意に低減し、血栓イベントの発現リスクについても同程度であることが明らかになったという。詳細は、同日にN Engl J Med2017年8月27日オンライン版)にも掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  PCI施行AF患者の出血リスク低減