メニューを開く 検索を開く ログイン

疾患制圧「ライフスパン内に」

アカデミア発研究をグローバルで構築

 2017年09月07日 07:05
プッシュ通知を受取る

 先端医療振興財団臨床研究情報センター(神戸市)センター長の福島雅典氏は、7月22日に東京都で開かれたEast Asia Symposium Rare Adrenal Diseasesで、グローバルネットワークを駆使し、アカデミア発のシーズによる治験を推進することの重要性に言及した。これまで治療法がなかった一部のがん、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの研究開発をグローバルで加速させることで、多くの疾患が、われわれのライフスパン内で克服できる可能性があると展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  疾患制圧「ライフスパン内に」

error in template: found but mtif was expected