メニューを開く 検索 ログイン

疾患制圧「ライフスパン内に」

アカデミア発研究をグローバルで構築

2017年09月07日 07:05

 先端医療振興財団臨床研究情報センター(神戸市)センター長の福島雅典氏は、7月22日に東京都で開かれたEast Asia Symposium Rare Adrenal Diseasesで、グローバルネットワークを駆使し、アカデミア発のシーズによる治験を推進することの重要性に言及した。これまで治療法がなかった一部のがん、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの研究開発をグローバルで加速させることで、多くの疾患が、われわれのライフスパン内で克服できる可能性があると展望した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  疾患制圧「ライフスパン内に」

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで