メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  乳がんサバイバーの不眠症に太極拳も有効

乳がんサバイバーの不眠症に太極拳も有効

【海外短報】

 2017年09月07日 06:40
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 乳がんサバイバーの不眠症に対し、太極拳(TCC)は不眠症の認知行動療法(CBT-I)と同等の改善効果をもたらすと、米国のグループがJ Clin Oncol2017; 35: 2656-2665)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、不眠症と診断された乳がん患者90例を登録。TCC群とCBT-I群に各45例をランダムに割り付け、3カ月間の治療を行ってCBT-Iに対するTCCの非劣性を検討した。主要評価項目は、ピッツバーグ睡眠質問票による15カ月後の治療奏効率とした。

 その結果、15カ月後の治療奏効率はTCC群が46.7%、CBT-I群が43.7%だった。TCCは3、6、15カ月後のいずれにおいてもCBT-Iに非劣性であった(それぞれP=0.02、P<0.01、P=0.02)。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  乳がんサバイバーの不眠症に太極拳も有効

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11510620 有効期限:11月末まで