メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

防護メガネで職業被曝から医師を守れ

高い医療従事者の水晶体被曝線量

 2017年09月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 放射線を使用する検査・治療には血管系(頭部、胸部、腹部、骨盤、四肢など)、非血管系(気管支鏡、内視鏡下、経皮的椎体形成術など)がある。これらを施行するインターベンショナルラジオロジー(IVR)術者における水晶体被曝の影響についてNTT東日本関東病院(東京都)放射線部特別医療技術主任の塚本篤子氏らが検討。その結果、医療従事者の水晶体被曝管理において放射線防護眼鏡および不均等被曝の個人線量計の使用は必須であると第56回日本白内障学会(2017年8月4~6日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »   »  防護メガネで職業被曝から医師を守れ

error in template: found but mtif was expected