メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

欧州心臓病学会2017

抗血小板2剤併用は「個別を重視」

ESC/EACTSが改訂GL発表

 2017年09月08日 06:45
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 欧州心臓病学会(ESC)は、欧州心臓胸部外科学会(EACTS)と共同で、冠動脈疾患(CAD)患者における抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)に関するガイドライン(GL)のフォーカスアップデートを発表した。今回の改訂では、患者特性やリスクに応じた個別アプローチに重点が置かれ、最新の知見を反映したリスク評価やDAPTの至適期間などが盛り込まれた。今年(2017年)の学術集会(ESC 2017、8月26~30日、バルセロナ)最終日には、改訂GLの査読メンバーの1人であるベルギー・Hartcentrum HasseltのPascal Vranckx氏が今回の改訂ポイントについて概説した。同フォーカスアップデートはEur Heart J2017年8月26日オンライン版)に発表されるとともに、ESCの公式サイトでも全文が公開されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  抗血小板2剤併用は「個別を重視」

error in template: found but mtif was expected